第8回 週刊せり高校野球【神奈川“同名対決”を見てきました!】2017年05月12日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]アナウンスはどうなる!?
[2]同名対決のアナウンスの場合はこうやります!
[3]全国大会でも行われる「同名対決」

 みなさん、こんにちは!『バトルスタディーズ』×高校野球ドットコム「強い者にはワケがあるキャンペーン」公式レポーターの芹 玲那です。

 皆さん、こんにちは!
『バトルスタディーズ』×高校野球ドットコム「強い者にはワケがあるキャンペーン」公式レポーターの芹玲那です。

 春季大会も大詰め。5月20日から茨城県で開催される春季関東地区大会の組み合わせもついに決定しました。なんと今年の関東地区の春季大会は、東京、神奈川、埼玉、群馬の4都県の決勝戦が1点差ゲームになる大接戦!

 私はこのうち南関東3都県の決勝を球場で観戦しましたが、毎年甲子園への切符を争っているライバル校同士の対決に、多くの方が球場を訪れ、その熱戦に球場は大変盛り上がっていました!

 そんな中、神奈川県大会でちょっと珍しい対決が実現したのをご存知でしょうか?それは学校の読み方が同じという『同名対決』です!
週刊せり高校野球第四回では、同名対決ならではの観戦の面白さについてご紹介したいと思います。

アナウンスはどうなる!?

立花学園のユニフォーム

 「同名対決」が実現したのは、4月20日に海老名運動公園野球場にて行われた春季神奈川県大会3回戦、橘学苑立花学園戦です。
そう、「たちばながくえん」対決です!

 私はこの対戦が決まった時に、真っ先に観戦したいと思いました。
それはなぜかって?
まず「アナウンスはどうなるの?聞いてみたい!」と思ったからです!野球観戦されるほとんどの方はウグイス嬢の方の声に耳を傾けますよね。

 高校野球の地方大会の多くは野球部のマネージャーの方や放送部員の方がウグイス嬢を担当します。
高校生とは思えないほど大人っぽいアナウンスをする方、高校生らしい初々しく明るいアナウンスをする方…十人十色のアナウンスを聴くことができるのも高校野球の魅力だと私は思っています。

 その楽しみに加えて、同名対決だとどういった風にアナウンスされるのか――
これは是非とも球場で確かめたいと思い海老名運動公園野球場へと向かいました!

 もちろんこの2校、読み方が同じだけではありません。
両校ともに近年実力をつけてきている新鋭の注目校なんです。全国屈指の激戦区である神奈川県内でも立花学園は過去10回ベスト8入りし、2005年秋には神奈川県の「21世紀枠」候補に選出されています。橘学苑も2010年春にベスト4入りして夏の第一シードを獲得するなど活躍が光っています。

 橘学苑は、横浜市鶴見区にある学校で、以前は女子高校。2006年に全面男女共学となり、野球部が創部されました。創部と同時に現監督である石黒滉二監督(桐蔭学園‐東海大)が就任し、2009年夏に神奈川県ベスト16入り。同年秋にベスト8。2010年春にベスト4入りした時には、センバツ帰りの東海大相模を破りました!

 立花学園は、足柄上郡松田町にあり、野球部は1972年創部。菅野敦史現監督(横浜商‐立教大)は、96年横浜商の監督時代に秋季神奈川県大会優勝、関東大会準優勝。翌春のセンバツ出場へ導いた名将です!2011年に立花学園の監督に就任されてからも、就任3年間で県ベスト16入り4回、ベスト8入り2回。毎年強いチームを作り上げてくると定評があるチームだそうです。

 そんな2校の「同名対決」は、実は過去にも一度ありました。2011年秋季大会の時に対戦し、その時は8対2で立花学園が勝利。頭角を現してきた2校の6年ぶりの対戦というのもワクワクしますね!

 海老名球場に到着すると、平日だったのでお客さんの数は少なめでしたが、高校野球ファンの方や、両校の野球部員や保護者の方の「勝つぞ!」熱気に溢れています。そして、いよいよ注目のアナウンスが始まりました。普通の試合では学校名を言うだけ。同名のときはどうなるのか!? 

【次のページ】 同名対決のアナウンスの場合はこうやります!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
三浦学苑vs立花学園【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第918回 日大藤沢ブロックが最も熾烈!鎌倉学園、桐光学園の戦いの行方は?【前編】【大会展望・総括コラム】
第894回 桐蔭学園、慶應義塾もノーシード!今年の神奈川は例年以上に過酷な大会だ!【大会展望・総括コラム】
第892回 今年の神奈川は東海大相模が「横綱相撲」で頭一つ抜ける!上位進出チームの課題は?【大会展望・総括コラム】
第889回 東海大相模が最右翼!春季神奈川県大会準決勝の見所をチェック!【大会展望・総括コラム】
立花学園vs横浜隼人【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
日体大荏原vs橘学苑【2019年 練習試合(交流試合)・春】
横浜vs桐光学園【神奈川県 2018年春の大会 神奈川県春季大会】
横浜vs鎌倉学園【神奈川県 2018年春の大会 神奈川県春季大会】
第509回 バトルスタディーズ第100回記念対談!  なきぼくろ先生×芹 玲那さん(公式レポーター)第4回「楽しむために「自分で」努力する」 【2017年インタビュー】
第508回 バトルスタディーズ第100回記念対談!  なきぼくろ先生×芹 玲那さん(公式レポーター)第3回「なきぼくろ先生」のPL学園時代披露その2!  【2017年インタビュー】
第506回 バトルスタディーズ第100回記念対談!  なきぼくろ先生×芹 玲那さん(公式レポーター)第2回「なきぼくろ先生」のPL学園時代披露その1!  【2017年インタビュー】
第504回 バトルスタディーズ第100回記念対談!なきぼくろ先生×芹 玲那さん(公式レポーター)第1回「バルスタディ」の秘密 【2017年インタビュー】
第5回 第96回選手権神奈川大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
立花学園 【高校別データ】
橘学苑 【高校別データ】

プロフィール

芹 玲那
芹 玲那(せり・れいな)
  • バトルスタディーズ×高校野球ドットコム
    「強い者にはワケがある」キャンペーン公式レポーター。
    2006年夏の甲子園決勝(早稲田実業-駒大苫小牧)を観て、チームの勝利のために奮闘する球児の姿、全力でプレーしているからこそ生まれるドラマに心を奪われ、高校野球にのめり込む。春夏の甲子園、関東を中心に春季~秋季大会、明治神宮大会と年間通して球場で高校野球観戦。
    スコアブックに試合やチームの特色を記録し、成長の過程を見ていくことを生きがいとしている。
    また、高校野球ファンの方が集える場所を作りたいとイベント「高校野球ファン交流部」を主催。
    昨年、夏の甲子園やドラフト関連の記事を「高校野球ドットコム」で執筆する中で、「高校野球を広く世の中に伝えたい」と、女優から転身を決めた。
    今後は「高校野球レポーター」として、球児たちの頑張りを様々な形で伝えていく。
    ・公式ツイッター@seri_reina
    オフィシャルブログ
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム