第7回 週刊せり高校野球【センバツが早稲田実業と日大三を強くした】2017年05月06日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]笑顔の早実、粘る日大三
[2]両校の“気持ちの強さ”
[3]見逃せないこれからの二校

 みなさん、こんにちは!『バトルスタディーズ』×高校野球ドットコム「強い者にはワケがあるキャンペーン」公式レポーターの芹 玲那です。

 秋季大会に続き、再び西東京のライバル対決となった春季東京都大会決勝戦
早稲田実業vs日大三
延長12回、4時間2分にも及ぶ大激闘。歴史的な一戦となりましたね!
試合の興奮が今でも冷めません。

 週刊せり高校野球第三回は、この早稲田実業日大三春季大会での闘いをピックアップしたいと思います!

 この試合を観て、私は改めて感じました。
“強い者にはワケがある”と――。

笑顔の早実、粘る日大三



早稲田実業ベンチ

 早稲田実業日大三は、昨年秋の新チーム始動以来、私が一番観戦する機会の多かったチームです。
秋季東京都大会決勝で両校は激突。8対6で早稲田実業日大三を破りました。
そろって出場したセンバツでは、日大三初戦履正社と激突し、12対5で一回戦敗退。
早稲田実業初戦明徳義塾を延長戦の末5対4で破るも、二回戦東海大福岡に11対8で敗戦。
そしてこの春季大会、再び決勝まで両校が勝ち上がったのです。

 異例のナイターで行われたこの試合。私はかなり前の席で観ることにしました。
なぜって? 
できるだけ選手の声やベンチの雰囲気を近くで感じたかったからです。そこに「強さのワケ」があるのではないのか? と私は考えているからです。

 以前、「ニコニコ生放送」の選抜高校野球生中継番組へ『バトルスタディーズ』作者のPL学園出身・なきぼくろ先生と一緒にゲスト出演させて頂いたときに、なきぼくろ先生が「ピンチの場面ではなんと声かけ(声出し)をしたらいいか迷うことがある」と仰っていました。実際、作中では、PL学園をモデルとしたDL学園の“声出し”が何度も取り上げられています。第6巻55話では、野手陣が声で打者にプレッシャーをかけるシーンがあります。第9巻85話では、ピンチでベンチからマウンド上の先発投手に金川春馬がかなり厳しい言葉をかけて“喝”を入れています。

 全国屈指の強さを誇ったPL学園でもこのような声出しが行われていたのでしょうか?
事実、センバツで決勝に残った大阪桐蔭と履正社の声出しは、素晴らしかったです。(関連記事)

 待つこと30分経った16時半頃、選手たちがグラウンドに登場しました。やや一塁側の方に私は座っていたので、特に早稲田実業の選手の表情がよく見えます。選手たちは、すでに沢山の観客が入りつつある神宮球場の雰囲気に圧倒されることもなく、リラックスした様子です。ときおり笑顔まで見られます!異例のナイター開催、神宮球場という大舞台、優勝のかかった決勝という舞台、ライバル校との再戦……。さまざまなプレッシャーがかかる場であるはずなのに、リラックスできているのはさすがです!
と思いつつも、心のどこかでは、「まだ試合開始まで時間があるからかもしれないな」とも思っていたのですが……。

 さて、18時に始まった試合は壮絶な打撃戦となりました。逆転されてはまた点を取り返す…という精神的にも厳しい闘いです。ですが、両チームとも「ここからだぞ!」決して弱気な態度は見せません。ひとりひとりが声をしっかり出し、チーム一丸となって試合に挑んでいます。

【次のページ】 両校の“気持ちの強さ”

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
日大三vs八王子【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第232回 今年のドラフトでマークすべき高校生投手たち!【厳選13投手リスト・前編】【ドラフト特集コラム】
第93回 清宮 幸太郎(北海道日本ハムファイターズ/一塁手) 試練のプロ2年目を超え 「清宮スタイル」確立へ【高校野球コラム】
第970回 【秋季東京都本大会 展望】日大三、東海大菅生などが揃うブロックも!秋の都大会は超激戦が予想!【大会展望・総括コラム】
第1回 井上広輝から引き継いだ名門・日大三の「1」 児玉悠紀の魅力は審判泣かせの制球力【東京の高校野球】
第228回 将来性抜群の大型右腕・佐々木朗希(大船渡)の行き先はパ・リーグか?1位指名球団を予想!【ドラフト特集コラム】
錦城vs日大三【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第1023回 加藤 雅樹(早稲田実業ー早稲田大)目指すは絶対優勝とプロ入り 【2019年インタビュー】
桜美林vs日大三【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
早稲田実業vs國學院久我山【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
日大鶴ヶ丘vs東海大菅生【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権西東京大会】
第948回 名将・前田監督からの評価も高い逸材二塁手・小松涼馬 どの舞台でも結果を残す勝負強さが最大のウリ【前編】 【2019年インタビュー】
第959回 ライバルたちから刺激を受け、一歩ずつ自らの足で高みを目指す!雪山幹太(早稲田大) 【2019年インタビュー】
第942回 高校通算31本を支えるのは確かな準備!生沼弥真人(早稲田実業)が見据えるもの 【2019年インタビュー】
第922回 憧れは鈴木誠也。センバツでも絶対的なクラッチヒッターへ 水谷祥平(龍谷大平安)【後編】 【2019年インタビュー】
清宮 幸太郎(早稲田実業) 【選手名鑑】
櫻井 周斗(日大三) 【選手名鑑】
日大三 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

プロフィール

芹 玲那
芹 玲那(せり・れいな)
  • バトルスタディーズ×高校野球ドットコム
    「強い者にはワケがある」キャンペーン公式レポーター。
    2006年夏の甲子園決勝(早稲田実業-駒大苫小牧)を観て、チームの勝利のために奮闘する球児の姿、全力でプレーしているからこそ生まれるドラマに心を奪われ、高校野球にのめり込む。春夏の甲子園、関東を中心に春季~秋季大会、明治神宮大会と年間通して球場で高校野球観戦。
    スコアブックに試合やチームの特色を記録し、成長の過程を見ていくことを生きがいとしている。
    また、高校野球ファンの方が集える場所を作りたいとイベント「高校野球ファン交流部」を主催。
    昨年、夏の甲子園やドラフト関連の記事を「高校野球ドットコム」で執筆する中で、「高校野球を広く世の中に伝えたい」と、女優から転身を決めた。
    今後は「高校野球レポーター」として、球児たちの頑張りを様々な形で伝えていく。
    ・公式ツイッター@seri_reina
    オフィシャルブログ
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム