第2回 芹玲那センバツレポート最終回・甲子園で感じた高校野球の魅力2017年04月16日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]履正社vs日大三/三浦銀二の力投
[2]チームを引っ張る主将の存在/大会中に成長する選手
[3]センバツを終えて

 みなさん、こんにちは!
バトルスタディーズ×高校野球ドットコム「強い者にはワケがある」キャンペーン公式レポーターの芹玲那です。

 センバツレポートも今回で最終回。
今大会は、高校野球レポーターとして初めてほぼ全ての試合を甲子園のスタンドから観戦することができました!
甲子園では、一試合ごとに空気が変わります。選手たちの必死のプレーやかけ声、観客の声援やため息が、ときに温かくときに重々しく、ときに切なく“聖地”を彩ります。そんな空間に12日間身を置いて、改めて高校野球の魅力を肌で感じました。

そんな中で今大会特に印象に残ったポイント4つを描いていきたいと思います。

その1 初戦で優勝候補が激突!履正社vs日大三


日大三戦で本塁打を打った石田龍史(履正社)

 組み合わせ抽選会の時、一番どよめきが起こったこのカード。
初日からいきなり優勝候同士の対決とあって、甲子園には本当に多くの観衆が集まりました!
この試合が印象的だった理由。
それは“選手たちの冬の練習成果”を一番感じた試合だったからです!

 履正社明治神宮大会日大三秋季東京都大会以来の試合観戦でした。そして、特に印象的だったのが日大三のチーム力の高さです!

 日大三は初回以降点が奪えず、5,6回は三者凡退という試合展開。
7回にも追加点を許し、履正社5対2日大三と流れが履正社に傾きかけた時、ベンチからは「声出していこーぜ!」と変わらず力強い声が響いていたんです。するとその裏、日大三は2点を返し、8回裏でついに同点に追いつきました!

 私が想像するに、この同点劇の背景には日大三の名物・冬の二週間強化合宿があったのではないでしょうか?チーム一丸となって闘う姿から、二週間の厳しい合宿チーム全員で乗り越えて深まった団結力を感じたんです。

 最終回に一挙7点を取られ、日大三にとっては悔しい敗戦だったと思いますが、この悔しさを夏にどうぶつけてくるか楽しみです!是非日大三のチームとしての逞しさにも注目してみて下さい!

その2 延長引き分け再試合!三浦銀二選手(福岡大大濠)の力投

 今大会は、史上初の2試合連続の延長15回引き分け再試合がありましたね!
スタンドでも、延長回を重ねるごとに「まさか?!」というざわめきが起こっていました。試合が終わった頃には空も真っ暗。
気温もかなり下がっていましたが、延長を闘い抜いた選手たちに惜しみない拍手が送られる甲子園のスタンドは温かい空気でした!

 そして、再試合でスタンドの注目が最も高かったのは三浦 銀二選手(福岡大大濠)だと思います。延長15回を投げ抜き、わずか1日しか休みがない中での登板。
そんな中、3,4回の上位打線を三者凡退としたピッチングや最終回に140㌔の速球を投げる気迫にスタンドが沸きました!
一方滋賀学園も、先発した 光本 将吾選手はなんと公式戦初登板。新2年生で捕手も兼任している選手です。点こそ取られましたが、2回から3回の福岡大大濠のクリーンアップを打ち取ったピッチングは見事でした!

 延長15回引き分けの試合も再試合も球場で観たのは初めてでしたが、観られて本当に良かったと思う試合でした。再試合にも及んだ選手たちの熱戦に観衆の心が動かされたからこそ生まれた球場の空気、試合後の両選手の熱い握手!今でも鮮明に思い出せます!

【次のページ】 チームを引っ張る主将の存在/大会中に成長する選手

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1013回 【西東京大会展望】早実vs八王子など1回戦から好カード続出!激戦区・西東京を制するのはどこだ?【大会展望・総括コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 軟式U-15経験者や磐城の143キロ右腕...ブレイク必至の好投手たち【東日本投手編】【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第266回 村上宗隆を獲得できていれば巨人の未来はどうなった?巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが2017年ドラフトを振り返る【ドラフト特集コラム】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
第1141回 中川卓也(大阪桐蔭-早稲田大)屈辱の1年を乗り越え、東京六大学で首位打者を狙える選手へ 【2020年インタビュー】
第1141回 二度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の主将・中川卓也(早稲田大)が濃密な3年間で得たもの 【2020年インタビュー】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
天理vs大阪桐蔭【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
帝京vs日大三【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs智辯学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
福岡大大濠 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

プロフィール

芹 玲那
芹 玲那(せり・れいな)
  • バトルスタディーズ×高校野球ドットコム
    「強い者にはワケがある」キャンペーン公式レポーター。
    2006年夏の甲子園決勝(早稲田実業-駒大苫小牧)を観て、チームの勝利のために奮闘する球児の姿、全力でプレーしているからこそ生まれるドラマに心を奪われ、高校野球にのめり込む。春夏の甲子園、関東を中心に春季~秋季大会、明治神宮大会と年間通して球場で高校野球観戦。
    スコアブックに試合やチームの特色を記録し、成長の過程を見ていくことを生きがいとしている。
    また、高校野球ファンの方が集える場所を作りたいとイベント「高校野球ファン交流部」を主催。
    昨年、夏の甲子園やドラフト関連の記事を「高校野球ドットコム」で執筆する中で、「高校野球を広く世の中に伝えたい」と、女優から転身を決めた。
    今後は「高校野球レポーター」として、球児たちの頑張りを様々な形で伝えていく。
    ・公式ツイッター@seri_reina
    オフィシャルブログ
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム