第28回 ホークス・田浦文丸など輩出の糸島ボーイズ(福岡) 躍進の秘訣は中学野球屈指の環境と高い実践力2020年01月29日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 福岡県内のボーイズリーグで、無類の強さを誇るのが糸島市に拠点を置く糸島ボーイズだ。
 毎年セレクションを実施し、選りすぐりの選手たちが集うチームは、2020年もすでに春季全国大会に3年連続5回目の出場が決まっており、2019年夏には2年連続3回目のジャイアンツカップ出場を果たした。

 だが、2019年の秋からチームの指揮を任された北村俊策監督は、チームの強さの秘訣はセレクションで選ばれた選手が集まっているだけでは無いと話す。一体どんな秘密があるのか伺った。

状況の想定や強い打球のノックで実践力を磨く



室内練習場での守備練習の様子

 「昨年はセレクションに170名の選手が訪れて、1次セレクション、2次セレクションを経て15名が入団しました。この時は少数精鋭でしたが、今の2、3年生の時は20名前後が入団しましたね」

 そう語るのは、糸島ボーイズの北村俊策監督だ。
 福岡県内に止まらず、佐賀県鳥栖市や長崎県の松浦市からも選手が集う糸島ボーイズは、野球が上手くなりたいと意気込む選手が精一杯野球に打ち込める環境が整っている。
 チームにはマイクロバスが5台あり、練習日には選手たちの送迎を行う。また雨の日でも練習が出来るよう室内練習場も完備されており、バッティングやピッチング、体幹トレーニングを行うことが出来る。

 中学野球ではトップクラスの環境であり、2009年のリーグ加盟からここまで多くの注目選手が巣立っていった。
 2014年に大阪桐蔭の主将としてチームの全国制覇に貢献した中村 誠、2017年に地元ソフトバンクホークスにドラフト5位指名を受けた田浦 文丸、そして2019年に春夏連続で甲子園出場を果たした筑陽学園には江原 佑哉進藤 勇也、弥富紘介、野田 優人と主力に4人が名を連ねていた。

 今や九州でも屈指の強豪チームとなったが、北村監督は強さの秘密はレベルの高い選手が集まってるだけでは無いと話す。
 技術的、体力的に秀でた選手が多い糸島ボーイズでは、その分実践練習に時間を充てることができる。ノックは様々なケースを想定したり、強い打球への反応、また細かい戦術もチームに浸透させるなど、きめ細かさを選手に伝えることで実践力を磨いているのだ。

 「単純なノックはせずに、必ずランナーをつけて『7回裏1アウト一点取られたら終わり』など状況を想定した練習をしています。また内野手はとにかく正面の強いゴロ取れないといけないので、強めのゴロを100本捕る練習もします。他にも、低めのスライダーを捨てろといった指示や、打席に後ろに立って高めの変化球を狙うなど、細かい戦術も選手に理解してもらうようにしていますね」

【次のページ】 全国大会では準優勝が最高成績、次に狙うは全国制覇

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第30回 「元メジャーリーガー」のポリシーを受け継ぎ 草津リトルシニア(滋賀)が有望株を続々と輩出し続けられる理由【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第31回 子供たちの自主性を育て全国大会出場へ 大津瀬田ボーイズ(滋賀)【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第29回 空港の目と鼻の先で練習を行う福岡ボーイズ 目指すのは「気持ちの強い選手」の育成【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第1107回 「補欠合格」から始まった日本代表への道 尾崎悠斗(糸島ボーイズ) 精神力を武器に高校野球でも日本代表を目指す 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第1106回 野茂総監督から学んだ感謝の気持ちを胸に 香西一希(糸島ボーイズ)は高校野球でも二刀流を目指す 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第27回 小学校のグランドで積み重ねた実績と伝統 福岡志免ボーイズ(福岡)が目指すのは人間としての成長【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム