第1回 東北楽天ゴールデンイーグルス「明るさと栄養管理で目指す3年ぶりの頂」2016年02月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]「とにかく明るい」メリハリ取れた犬鷲軍団 / 「栄養意識」も高い東北楽天ゴールデンイーグルスの選手たち
[2]東北楽天「栄養摂取メソッド」高校生向け、ちょっとだけ教えます!
[3]「あきらめず、考えて、継続して」夢を感動につなげる

 今年も球団創設最初のシーズン、2005年から恒例となっている沖縄県・久米島キャンプからシーズンをスタートさせた東北楽天ゴールデンイーグルス。日本中を涙させた2013年以来、3年ぶりのパ・リーグ優勝、そして日本一獲得へ向け、明るさと適材適所の栄養管理を行う犬鷲軍団の現在をレポート。球団管理栄養士の株式会社明治・斎藤 圭子さんに話をうかがい高校球児の皆さんに有益な情報も語っていただきました。

「とにかく明るい」メリハリ取れた犬鷲軍団

アップから明るい雰囲気が見える東北楽天ゴールデンイーグルスのキャンプ

 明るい、明るい、とにかく明るい。桐光学園高卒3年目を迎え、今季も昨年に引き続きクローザーを務める松井 裕樹投手が「僕がいた3年の中で一番明るい」と話すように、昨年、2015年流行語大賞のフレーズがそのままあてはまるムードが、東北楽天ゴールデンイーグルスの一軍キャンプ地、久米島野球場にはあふれていた。今季から就任した梨田 昌孝監督からも笑顔。アップ中の選手たちからも笑顔が絶えない。

 その一方で、突き詰めの形はしっかりと。練習冒頭は選手・スタッフ全員が輪になって徹底事項を確認。ブルペンでは侍ジャパンでも投手コーチを務め、今季から就任した与田 剛コーチと侍ジャパンでもロングリリーフの重責を担った則本 昂大投手ら、投手陣が技術向上への策を練る。さらに昨年の「世界野球WBSCプレミア12」でも侍ジャパンの正捕手嶋 基宏2015年インタビューや捕手陣も投手陣とコミュニケーションを取り、共同作業で投手力を向上させる意識がみてとれる。

 グラウンドに目を転じると、走塁練習では米村 理・外野守備走塁コーチが身振り手振りを交えて走塁の原則と「次を狙う」スライディングを指導。2月7日に開催された紅白戦では早稲田大卒ルーキー茂木 栄五郎選手の三塁打はじめ、早くもその意識が浸透していた。

 打線も活発。「まだ変化球を打撃練習で打っていない」(梨田監督)中でも各打者がしっかりとしたスイングを心がけ、ドラフト1位ルーキーオコエ 瑠偉関東一高卒2015年インタビュー)も紅白戦初戦の4打席目では「3打席目までの凡退の反省を活かして」左中間を真っ二つに破る三塁打。学習能力の高さを示している。

 このように明るさと探究のメリハリを使い分けながら、南国での日々を過ごす犬鷲軍団。そんな姿勢はグラウンド外にも現れている。その大きな柱となっているのが株式会社明治により行っている「栄養サポート」だ。

「栄養意識」も高い東北楽天ゴールデンイーグルスの選手たち

 2011年から地元・宮城県で東北楽天ゴールデンイーグルスの管理栄養士を務める株式会社明治の斎藤 圭子さんはこう話す。
「このキャンプでは事前にホテルのメニューを受け取って栄養面での調整をします。6時半から9時までの朝食時間には常に食堂にいて選手たちの様子を見たり、時に話をしたり。グラウンドではケータリング会場にもいますし、ウエイトトレーニング場にはザバスのプロテインを中心としたサプリメントが置いてありますので、摂取の仕方など話をします。夜食の時間もあるので、夜食を活用して摂れる栄養や、いかに飽きずに摂れるかなど方法を考えています。シーズンを通して良いコンディションで持てる力を最大限発揮する為に、栄養面での課題を見つめ、取組内容を各自決めていく場としてキャンプは重要です」

 もちろんその摂取量なども画一的ではなく、ポジションや個々の選手のタイプや目指すカラダづくりによって、きめ細やかな配慮がなされている。たとえば新人選手の場合は以下のような形で自分をより活かす栄養の意識を高めていく。

このページのトップへ

【次のページ】 東北楽天「栄養摂取メソッド」高校生向け、ちょっとだけ教えます!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第17回 沖縄水産、浦添商など沖縄県の高校野球をリードする伝統公立校たち【沖縄の高校野球】
第1172回 高校野球界から中学アカデミーへ転身を遂げた知将・島田 達二氏(元高知高監督)が提示する育成案 【2020年インタビュー】
第27回 歴代の甲子園を沸かせたヒーローたちが続々と上位にランクイン!人気選手名鑑ランキング!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第2回 愛媛県高校野球3大ニュース 混沌の先に見える一筋の光【愛媛の高校野球】
第26回 選手の未来と地元・府中への貢献を重んじる西東京の名門・武蔵府中シニア【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第1055回 軽く投げる感覚を掴んだからこそ厳しい夏の大会を投げ抜けた 玉村昇悟(丹生)【後編】 【2019年インタビュー】
第9回 「地元志向とポスト・嶋」スポーツライター・小関順二さんが楽天のドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第891回 150キロは目前。藤本竜輝が追求する「下半身主導フォーム」と「ボールの回転数」【後編】 【2019年インタビュー】
第890回 兵庫ナンバーワン右腕・藤本竜輝(社)を支える「笑顔のマウンドさばき」【前編】 【2019年インタビュー】
第709回 茂木栄五郎 理想のバッティングは『フライとライナーの中間』【後編】 【2018年インタビュー】
平塚学園vs桐蔭学園【神奈川県 2010年秋の大会 秋季神奈川県大会】
安樂 智大(済美) 【選手名鑑】
オコエ 瑠偉(関東一) 【選手名鑑】
松井 裕樹(桐光学園) 【選手名鑑】
茂木 栄五郎(桐蔭学園) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム