第66回 県立水戸桜ノ牧高等学校(茨城)2016年02月29日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
“【冬が僕らを強くする2016】"

【目次】
[1]チーム基本情報を紹介!
[2]今年のチームについて
[3]高校野球が好きな理由は?

 ここからは、水戸桜ノ牧の安嶋 航平君、入部 大地君にお話を伺います!

Q. 高校野球が好きな理由は何ですか?

安嶋 航平(以下「安嶋」):野球の技術はもちろん、礼儀やマナーまでも学ぶことができ、人々を熱くさせるスポーツであるところです。
入部 大地(以下「入部」):野球の技術向上はもちろんですが、様々な部分で成長でき、また礼儀や社会に出ていくために必要なことを学ばせてくれるところです。

Q. ではこの冬はどんな風に過ごしていますか?

入部:全体的な基礎体力の向上と野球の知識量を増やすことを重点においてやっていきたいです。バットをただ振り込むだけではなく、一本一本のスイングを意識して取り組んでいきたいです。

Q. 野球をする上でモットーにしている好きな言葉を教えてください。

安嶋:「感謝」です。とくに野球をやらせてくれる両親に対し感謝の気持ちを忘れず、練習や試合に打ち込んでいます。
入部:「良いバッターでも3割しか打てない 残りの7割は失敗している 野球は成功よりも失敗の方が多いスポーツ」
この言葉を胸に思い切ってやっています。

Q. では最後に『自分はここまで成長するぞ!』という熱い宣言と夏までの目標をお願いします。

安嶋:長打がたくさん打てるようになって、チームの勝利に貢献できる選手に成長したいです。また、夏までに自信をつけ、走・攻・守すべてのレベルアップを図りたいと思っています。
入部:今は全然頼りない選手ですが、監督やチームメイトから絶対的な信頼を得られるまでに成長します!入部が打てば勝てると思われる選手になります。そのためにも、春になり対外試合解禁になってからの試合では、そこそこの結果ではなく誰もが認める結果を出します。
毎試合ヒット、盗塁、全試合ノーエラーでチームを引っ張ります!!

 2人とも頼もしいですね。安嶋君、入部君、ありがとうございました!

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
霞ヶ浦vs水戸桜ノ牧【茨城県 2019年夏の大会 第101回選手権茨城大会】
第880回 茨城の春が開幕!県大会へ進むのは?4地区の戦力を徹底分析!【大会展望・総括コラム】
藤代vs水戸桜ノ牧【茨城県 2018年春の大会 茨城県大会】
明秀学園日立vs水戸桜ノ牧【茨城県 2016年秋の大会 茨城県大会】
水戸桜ノ牧vs結城一【茨城県 2016年夏の大会 第98回選手権茨城大会】
第340回 【茨城抽選会後 展望】強豪校のブロックにノーシードの刺客が続々!今年も激戦か?【大会展望・総括コラム】
第167回 【第97回茨城大会展望】選抜ベスト8の常総学院を軸に激戦が予想される茨城を制するのは?【大会展望・総括コラム】
水城vs水戸桜ノ牧【茨城県 2014年秋の大会 茨城県大会 地区予選】
第14回 10年春の大会総括~関東大会編~【大会展望・総括コラム】
常陸大宮・海洋・高萩・水戸桜ノ牧常北校 【高校別データ】
水戸桜ノ牧 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム