第66回 県立水戸桜ノ牧高等学校(茨城)2016年02月29日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
“【冬が僕らを強くする2016】"

【目次】
[1]チーム基本情報を紹介!
[2]今年のチームについて
[3]高校野球が好きな理由は?

今年のチームについて

Q. 今年のチームのウリ(セールスポイント)を3つ教えてください。

「ひとりひとりの長所を生かして戦う全員野球」。それと「考えてプレーする『進学校の野球』」。あと、「凡事徹底の精神」です。

Q. このオフシーズンのチームとしての目標を教えてください。

 心・技・体、人間力、すべての面でのチーム力向上を目指します。

Q. オフシーズンの名物練習やキツい練習はありますか?

 サーキットトレーニングと10種目ローテーション打撃練習です。

Q. まんべんなく鍛えられそうですね。そういった練習を乗り越えて、春夏はどんな目標を抱いていますか?

 進学校らしい戦い方を身に付け、やるからには常に優勝を目指します。
春は関東大会出場。夏は甲子園出場です!

秋の大会を振り返って

Q. 秋の大会はチームにとって、どんな大会でしたか?

 初戦敗退で、勝つことの難しさを感じました。

Q. 大会を終えて自覚できたことは何ですか?

 勝つための意識改革、練習への取り組みの工夫、投手陣を柱とした守備力の向上が必要であり、課題だと感じました。
それと同時に、速球派の投手に対し、センターから逆方向へのヒットが多く出たことは収穫であり、自分たちの強みなんだと気付きました。

Q. さきほど「進学校の野球」という言葉が出ましたが、勉強と部活の両立に秘策はありますか?

 限られた時間で効率よく練習するために、練習の準備や移動の時間を短縮する。それと、遠征バス内で単語学習や学習課題を取り組む。この辺りだと思います。

Q. チームの中で、秋に活躍した仲間を紹介してください。

 平戸 将大です。試合の重要な局面で盗塁を刺し、捕手としてチームを引っ張りました。打者としても打線の上位を打ち、活躍してくれました。

Q. 続いて、チームの中で春以降キーマンとなってくれるであろう選手を教えてください。

 村上 俊太郎と土岐 蒼です。ともに2年生の投手で、村上はキレのあるストレート、土岐はアンダースローから緩急を生かしたピッチング。ふたりの成長がチームの勝敗を大きく左右するはずです。

Q. タイプの違う投手がいて楽しみですね。さて、2年生にとっては最後となるオフシーズン。1年生にとっては、初めてのオフシーズンだと思いますが、春に向けてどんな冬にしたいですか?

 部員全員が『次の学年(ステップ)』へ上がるためにとても大切な時期です。新しい水戸桜ノ牧野球部が、今後どのような伝統を築いていくかは自分たちに懸かっています。対外試合解禁までの期間、しっかりとチームを見つめ直し、向き合っていこうと思います。

 富永主将、ありがとうございました!

このページのトップへ

【次のページ】 高校野球が好きな理由

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
霞ヶ浦vs水戸桜ノ牧【茨城県 2019年夏の大会 第101回選手権茨城大会】
第880回 茨城の春が開幕!県大会へ進むのは?4地区の戦力を徹底分析!【大会展望・総括コラム】
藤代vs水戸桜ノ牧【茨城県 2018年春の大会 茨城県大会】
明秀学園日立vs水戸桜ノ牧【茨城県 2016年秋の大会 茨城県大会】
水戸桜ノ牧vs結城一【茨城県 2016年夏の大会 第98回選手権茨城大会】
第340回 【茨城抽選会後 展望】強豪校のブロックにノーシードの刺客が続々!今年も激戦か?【大会展望・総括コラム】
第167回 【第97回茨城大会展望】選抜ベスト8の常総学院を軸に激戦が予想される茨城を制するのは?【大会展望・総括コラム】
水城vs水戸桜ノ牧【茨城県 2014年秋の大会 茨城県大会 地区予選】
第14回 10年春の大会総括~関東大会編~【大会展望・総括コラム】
常陸大宮・海洋・高萩・水戸桜ノ牧常北校 【高校別データ】
水戸桜ノ牧 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム