第57回 県立岩国総合高等学校(山口)2016年02月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
“【冬が僕らを強くする2016】"

【目次】
[1]チーム基本情報を紹介!
[2]今年のチームについて
[3]指導者が語る!このチームの強み

 県立岩国総合高等学校は、山口県岩国市にある県立の男女共学校。1976年に県立岩陽高校として誕生しましたが、2000年からいまの岩国総合高校の名へと生まれ変わりました。もちろん、変わったのは名前だけでなく、普通科を総合学科へと一新。それぞれの興味や目的に合った科目を選択できるなど、生徒それぞれの個性を生かす様々なニーズにこたえられる形となっています。

 岩陽高校時代の野球部OBには、高校通算68本塁打を放つなど活躍し、日本ハムファイターズにドラフト3位で指名された藤島 誠剛さんがいます。
さて現役生といえば、昨秋の地区予選、ずっと壁だったという2回戦を突破し3回戦に進出。しかも1回戦は打ち勝ち、2回戦は完封勝ちという見事な物でした。自分達を超え、岩国総合高校野球部の歴史を塗り替えるため、部員たちはどんな冬を過ごしているのでしょうか。春に向けての意気込みも覗ってきました。

チーム基本情報を紹介!

岩国総合高校の末藤 将祐君(学年:2年/役職:主将)にお話を伺いました!

Q. 部員は何人いますか?

 1年生が15人、2年生が9人です。

Q. 練習のグラウンド環境を教えてください。

 野球部専用の練習スペースがあります。

専用のスペースが確保できているのは安心ですね。

このページのトップへ

【次のページ】 今年のチームについて

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第325回 【山口展望】秋春優勝の早鞆は1967年以来の夏の甲子園を実現できるか?追う各校の強豪たち【大会展望・総括コラム】
第273回 2016年の高校野球を占う【中国編】「髙田 萌生(創志学園)に続け!中国地区を盛り上げる選手たち」【大会展望・総括コラム】
第172回 【第97回山口大会展望】新鋭校、伝統校が集う今年の山口を制するのは?【大会展望・総括コラム】
重村 俊昭(岩国総合) 【選手名鑑】
塚岡 大和(岩国総合) 【選手名鑑】
岩国総合 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム