第55回 常磐大学高等学校(茨城)2016年02月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
“【冬が僕らを強くする2016】"

【目次】
[1]チーム基本情報を紹介!
[2]今年のチームについて
[3]指導者が語る!このチームの強み

 茨城県の県庁所在地である水戸市の中心にある常磐大高等学校。1909年に裁縫伝習所を開設したことが学校の始まりと言われています。野球部は2006年秋の大会で準優勝、そして2007年夏の大会で準優勝し、その当時チームを牽引していたのが菊池 保則投手(東北楽天ゴールデンイーグルス)です。また、盛んなのは野球部だけでなくバスケットボール部や体操部・新体操部が県内で上位に名を連ねる強豪です。

 1年生投手が中心となる常磐大高は、昨秋から「競り負けないチーム」をテーマに戦ってきましたが、結果が奮わず悔しい思いをしました。その悔しさを糧に奮闘するチームの皆さんにこの冬の意気込みを伺いました!

チーム基本情報を紹介!

常磐大高校の小川 瞬君(学年:2年/役職:主将)にお話を伺いました!

Q. 部員は何人いますか?

 1年生が22人、2年生が9人、合わせて31人です。

Q. 練習のグラウンド環境を教えてください。

 自転車で、学校から約30分の場所に野球部専用グラウンドがあります。グラウンドの広さは両翼95メートル、センター110メートルです。

学校から30分は良いアップになりそうですね。そして立派なグラウンド!

このページのトップへ

【次のページ】 今年のチームについて

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第3回 日立北(茨城) 「全員で冬の練習をやり切り、春はベスト16以上成績を目指す!」【冬が僕らを強くする2020】
第233回 今年の高校生捕手は東妻、山瀬、水上など逸材揃い!【厳選12捕手リスト】【ドラフト特集コラム】
常磐大高vs水戸商【茨城県 2019年夏の大会 第101回選手権茨城大会】
常磐大高vs明豊【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第886回 36校の精鋭が頂点を目指す!接戦続出が予想される春季茨城県大会の見どころ!【前編】【大会展望・総括コラム】
第880回 茨城の春が開幕!県大会へ進むのは?4地区の戦力を徹底分析!【大会展望・総括コラム】
常総学院vs常磐大高【茨城県 2018年春の大会 茨城県大会】
第519回 【茨城展望】Aシード4校を追う実力校は?隠れた逸材を見逃すな!【大会展望・総括コラム】
常磐大高vs土浦湖北【茨城県 2017年春の大会 茨城県大会】
第531回 常盤大高 ワラス開智「本塁打ゼロの選手から茨城県屈指のスラッガーへ化ける!」 【2017年インタビュー】
明秀学園日立vs常磐大高【茨城県 2016年秋の大会 茨城県大会】
平野 龍翔(常磐大高) 【選手名鑑】
ワラス 開智(常磐大高) 【選手名鑑】
常磐大高 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム