第56回 県立刈谷高等学校(愛知)2016年02月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
“【冬が僕らを強くする2016】"

【目次】
[1]チーム基本情報を紹介!
[2]今年のチームについて
[3]指導者が語る!このチームの強み

  愛知県刈谷市にある県立刈谷高等学校は1919年に開校された伝統校。「質実剛健」を旨としており、生徒たちは勉強に部活にと日々向き合っています。
開校間もない大正時代から力を入れているとあり、サッカー部の活躍が有名。高校サッカーファンには、白地のシャツに赤いタスキをかけたような斜めのラインが入った「赤ダスキ」のユニフォームでお馴染みです。

 野球部は1978年、第50回記念選抜高等学校野球大会に出場。私立の名門に強豪公立校が乱立する愛知県内でも実力派として一目置かれる存在です。昨秋の県大会は8強入り。目標としている東海大会、そして甲子園へ向け、全ての面の強化を図っているという刈谷高校野球部に意気込みを伺いました。

チーム基本情報を紹介!

刈谷高校の森本 朱梨さん(学年:2年/役職:マネージャー)にお話を伺いました!

Q. 部員は何人いますか?

 1年生が18人、2年生が19人います。

Q. 練習のグラウンド環境を教えてください。

 レフトが狭いんです。その上、他の部活動と共用なので、ライト、センターが使えないことがしばしばあります。

外野の練習に一工夫必要なんですね。

このページのトップへ

【次のページ】 今年のチームについて

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第6回 愛知県注目の公立高校!愛知私学4強にも負けない魅力があった!【愛知の高校野球】
第4回 「球国愛知」は今年もアツい!2020年の愛知県高校野球の注目校を一挙紹介!【愛知の高校野球】
第990回 【秋季愛知県大会】中京大中京が日本一へ輝くも、各地区の猛者が実力の片鱗を見せた球国愛知の秋【大会展望・総括コラム】
刈谷vs日本福祉大付【愛知県 2019年秋の大会 第72回愛知県高校野球選手権大会】
東浦vs刈谷北【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
第936回 【愛知大会展望】享栄ブロックに東邦、星城、中部大一に愛工大名電と、各ブロックに実力校集まる!【大会展望・総括コラム】
大府vs刈谷工【愛知県 2019年春の大会 春季愛知県大会】
第876回 センバツ甲子園を制した東邦を中心に享栄、至学館、中京大中京、豊川などが追う【大会展望・総括コラム】
半田vs刈谷【愛知県 2018年秋の大会 第71回愛知県高校野球選手権大会】
愛知産大三河vs刈谷【愛知県 2018年夏の大会 第100回選手権東愛知大会】
刈谷 【高校別データ】
刈谷工 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム