目次
“【冬が僕らを強くする2016】"

【目次】
[1]チーム基本情報を紹介!
[2]今年のチームについて
[3]指導者が語る!このチームの強み

 昭和62年の開校以来、「農業を通した教育」を実施し、現在は生産流通科、施設園芸科、環境工学科の3学科を設置。まさに農業の専門学校として和歌山県内で唯一無二の存在となっている紀北農芸高等学校。
農業高校でしか体験できない学習内容に加え、農産物の販売や食育活動などの地域運動も盛んで、豊かな自然の中、のびのびと高校生活を送っています。

 部活動では、ハンドボール部が全国大会常連校の強豪としてしられています。これに負けじと野球部も「やればできる」をモットーに強豪校とも練習試合を重ね、秋の大会では2勝をもぎ取りました。
この冬を越えた先の春、そして夏に勝ためにどんな取り組みをしているのか伺いました!

チーム基本情報を紹介!

紀北農芸高校の和田 一心君(学年:2年/役職:主将)にお話を伺いました!

Q. 部員は何人いますか?

 1年生が9人、2年生が6人の合計15人で活動しています。

Q. 練習のグラウンド環境を教えてください。

 他のクラブと競合せず野球部中心で練習しています。

 野球部がメインで使えるとは良い環境ですね!

このページのトップへ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。