第113回 「応援ならどこにも負けない!3年生の仲ならNo.1」大村工(長崎)の頑張るマネージャー!2019年07月13日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]私達がマネージャーになった理由!
[2]マネージャーと部員の垣根を超えて

私達がマネージャーになった理由!



左から山本美麗(1年)、渡邉夢菜(2年)、今村奈央(3年)、山村果蓮(3年)

 大村工を支えるのは、山村果蓮さん(3年・やまむら かれん)・今村奈央さん(3年・いまむら なお)・渡邉夢菜さん(2年・わたなべ ゆめな)・松尾羅夢さん(2年・まつお らむ)・山本美麗さん(1年・やまもと うらら)の5名のマネージャーだ。

 大村工を支える5名は、どうしてマネージャーの道を選んだのだろうか?

 「小学6年生の時からマネージャーをしていて、スコアラーのようなことをしてきました。そこからそのままマネージャーを続けています」と語る山村さん。まさに今年はマネージャー歴7年目の集大成になる。そんな山村さんだからこそ、マネージャーでありながら相手チームの分析や選手の特徴を伝えられる。「少しだけです」と、ハニカミながら謙遜していたが、それこそがスコアをつけ続けた今までの積み重ねの証明だろう。



山村果蓮マネージャー

 同じく3年生の今村さんは、
「お兄ちゃんが野球をしていて、それでマネージャーをやろうと思いました」と話してくれた。

 また、「先生と接することが多く、相手の監督さんなど年上の人と話す機会が多いです。礼儀やコミュニケーション力が着いたなと思います。年上の人と喋ることが得意でなかったんですが、今ではスラスラ話せるようになりました」と、野球部マネージャーになり成長を感じている。



今村奈央マネージャー

 そんな2人をみてマネージャーになろうと決めたのが1年生の山本さんである。
「色々な部活に見学に行って、一番マネージャーとか皆さんとか優しかったし、一番楽しそうだと思ったので入りました」と、2人の先輩を見て入部を決めた。

 また、2年生の渡邉さんは、
「中学生の時から中学野球を見に行っていて、それで高校から野球部のマネージャーをやろうと思いました」
まさに三者三様の理由で集まったマネージャーたちが、今の大村工の野球部を支えているのだ。

【次のページ】 マネージャーと部員の垣根を超えて

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1029回 甲子園練習に参加した女子マネージャー首藤桃奈さん 当時の心境と将来の夢 【2019年インタビュー】
第1007回 188cm88kgの怪童の武器は「理解力」と「アウトプット力」 作本想真(大村工) 【2019年インタビュー】
第77回 大村工(長崎)打撃のチームの真髄に迫る!【特別編】【僕らの熱い夏2019】
第76回 大村工(長崎)「強打の1番・作本ら、個性豊かな選手が揃う今年のチームに注目!」【後編】【僕らの熱い夏2019】
第75回 「世界一楽しい野球」で甲子園へ! 大村工(長崎)【前編】【僕らの熱い夏2019】
第112回 「諦めずに戦う選手たちを最後まで信じてあげたい」 鳥栖(佐賀)の頑張るマネージャー!【頑張る!マネージャー】
第111回 「頑張る選手を近くで見れることが幸せ!」鳥栖商(佐賀)の頑張るマネージャー!【頑張る!マネージャー】
福岡大大濠vs大村工【2016年春の大会 第138回九州地区高等学校野球大会】
チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント
大村工 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム