第10回 東北地区記者・高橋 昌江氏が選ぶ今年のベストゲームTOP52015年11月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]5位:第97回山形大会準々決勝 山形中央vs山形城北 / 4位:第97回岩手大会決勝 花巻東vs一関学院
[2]3位:第97回選手権大会準々決勝 仙台育英vs秋田商 / 2位:第97回青森大会決勝 三沢商vs八戸学院光星
[3]1位:第97回選手権大会決勝 東海大相模vs仙台育英

3位:第97回選手権大会準々決勝 仙台育英vs秋田商

秋田商をベスト8に導いた成田 翔(写真は3回戦の健大高崎戦)

大会2度目の東北勢対決の裏に

 仙台育英にとっては、3回戦花巻東戦に続いての“東北勢対決”となった。

 3回まで両者無得点と拮抗していたが4回、仙台育英は二死から平沢 大河2015年インタビュー秋田商の左腕・成田 翔関連コラムからソロ本塁打を放ち、先制した。5回には無死満塁から連打で3点を追加するなど、仙台育英が試合巧者ぶりを発揮。一方の秋田商は1対6で迎えた最後の攻撃で2点を奪うなど、意地を見せた。

 仙台育英秋田商は頻繁に練習試合をする間柄。ある時、こんなこともあった。
夏の秋田大会で敗れた秋田商・太田 直監督は仙台育英・佐々木 順一朗監督に「今から仙台育英に行ってもいいですか?」と電話をかけた。佐々木監督が「いいよ」と返答すると、すぐに仙台育英の監督室のドアが開いた。これから、秋田から向かってくるものだと思っていた佐々木監督はビックリ。それくらい、太田監督は佐々木監督を慕っている。甲子園の大舞台での対決は感慨深かったに違いない。(試合レポート

2位:第97回青森大会決勝 三沢商vs八戸学院光星

まさかの結末

 誰もが予想だにしなかった結末だっただろう。今夏の青森大会決勝は、ノーシードの三沢商と3季連続甲子園出場の八戸学院光星が争った。

 先取点を奪ったのは王者・八戸学院光星。3回に一死満塁で加角 翔太が犠飛を放った。しかし、八戸学院光星打線は三沢商野田 海晴を攻略できず、追加点を奪えない。エース・中川 優が力投を続けるも、8回、三沢商森田 亮の犠飛で同点に追いつき、1対1のまま延長に突入。この時点で予想を超える展開だったが、ここからがまた劇的だった。12回裏、三沢商米内山 将輝が右翼線二塁打を放つと、野田の二ゴロで三進。佐藤 拓海は四球で歩き、二死一、三塁とすると、鎌本 憲は2ストライクからのチェンジアップに空振り。三振でチェンジかと思われたが、中川の投球はワンバウンドし、捕手の馬場 龍星は止めきれず。三走・米内山がホームに突っ込み、三沢商が29年ぶりの甲子園出場を決めた。

 青森で公立校が甲子園行きを決めたのは19年ぶり。歴史が動いた試合だった。

このページのトップへ

【次のページ】 1位:第97回選手権大会決勝 東海大相模vs仙台育英

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 軟式U-15経験者や磐城の143キロ右腕...ブレイク必至の好投手たち【東日本投手編】【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第252回 2003年世代は投手豊作年!?森木大智、笹倉世那、松浦慶斗など豪腕揃い【前編】【ドラフト特集コラム】
第1142回 目標は菊池雄星。東海大相模に進学の南琉人(湖東リトルシニア)が思い描く本格派への道【後編】 【2020年インタビュー】
第1142回 関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】 【2020年インタビュー】
第1129回 高校通算40発の福岡屈指のスラッガー・久木田和志(小倉工) 後ろを振り返らず「日本一のスラッガー」へ 【2020年インタビュー】
第1086回 2020年の「大型遊撃手枠」は入江大樹(仙台育英)だ!活躍のピークはラストシーズンで! 【2019年インタビュー】
高知vs東海大相模【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
仙台育英vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
健大高崎vs東海大相模【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大相模vs習志野【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
習志野vs前橋育英【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
青木 陸(山形中央) 【選手名鑑】
鎌本 憲(三沢商) 【選手名鑑】
佐藤 僚亮(山形中央) 【選手名鑑】
佐藤 拓海(霞ヶ浦) 【選手名鑑】
佐藤 拓海(三沢商) 【選手名鑑】
佐藤 拓海(日大三) 【選手名鑑】
佐藤 唯斗(花巻東) 【選手名鑑】
佐藤 将太(仙台育英) 【選手名鑑】
佐藤 世那(仙台育英) 【選手名鑑】
高橋 稜佑(山形中央) 【選手名鑑】
高橋 樹也(花巻東) 【選手名鑑】
中川 優(八戸学院光星) 【選手名鑑】
野田 海晴(三沢商) 【選手名鑑】
馬場 龍星(八戸学院光星) 【選手名鑑】
平沢 大河(仙台育英) 【選手名鑑】
森田 亮(三沢商) 【選手名鑑】
米内山 将輝(三沢商) 【選手名鑑】
秋田商 【高校別データ】
一関学院 【高校別データ】
仙台育英 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
八戸学院光星 【高校別データ】
花巻東 【高校別データ】
三沢商 【高校別データ】
山形城北 【高校別データ】
山形中央 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

高橋昌江
高橋 昌江
  • ■ 生年月日:1987年3月7日
  • ■ 出身地:宮城県栗原市(旧若柳町)
  • ■ 宮城県仙台市在住のフリーライター
    少年野球からプロ野球まで幅広く“野球”を取材し、多方面に寄稿している。
  • ■ 中学校からソフトボールを始め、大学2年までプレーヤー。大学3年からはソフトボール部と新聞部を兼部し、学生記者として取材経験を重ねる。
    ソフトボールではベンチ入りはできなかったものの、1年と4年の2回、全日本大学女子ソフトボール選手権大会で優勝を経験した。
    新聞部では何でも取材したが、特に硬式野球部の取材をメインに行っていた。最後は明治神宮大会準優勝を見届けた。
  • ■ ソフトボール部の活動から得た「人間性、人間力」を軸に「どう生きるか」を考えている。
  • ■ 野球が好きというよりは、野球の監督・コーチ・選手・関係者と話しをして、聴いたこと、感じたことを書いて伝えることが好き。“野球”については、常に勉強中。
  • ■ 【言葉には、力がある】が信念
  • ■ 取材時の持ち物は「気持ち、熱意、真心、笑顔」。
  • ■ 愛読書はデール・カーネギー『人を動かす』など自己啓発系が多い。
  • ■ 『高校野球ドットコム』にて「みとのく便り~心の高校野球~」好評連載中!!
  • ■ ブログ:「今日も青空の下で、笑顔を咲かせる」(高橋昌江オフィシャルブログ)
  • ■ 講演依頼
    講演・セミナー依頼受付中

コラム「みちのく便り~心の高校野球~」
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム