第5回 関東地区記者・大平 明氏が選ぶ今年のベストゲームTOP52015年11月14日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]5位:第97回茨城大会決勝 霞ヶ浦vs日立一 / 4位:第97回千葉大会決勝 専大松戸vs習志野
[2]3位:第97回埼玉大会準決勝 白岡vs浦和学院 / 2位:第97回神奈川大会決勝 東海大相模vs横浜
[3]1位: 第97回西東京大会決勝 早稲田実業vs東海大菅生

3位:第97回埼玉大会準決勝 白岡vs浦和学院

谷中 壮樹(白岡)

無名の公立校・白岡が快進撃! 浦和学院に土を付ける

 高校野球ではノーマークのチームが旋風を起こす事がある。今夏の埼玉大会でいえば、それは白岡だ。大会前はまったく注目されていなかったが、それもそのはず。昨秋昌平に、今春越ヶ谷に地区大会の初戦で敗れ、公式戦は未勝利だった。それが3回戦でBシードの東京成徳大深谷を下すと、準々決勝埼玉栄戦では8回に4点を奪い10対9と逆転勝ち。さらに準決勝昨秋今春と2季連続で関東大会を制し、選抜大会でもベスト4の好成績を収めた大本命の浦和学院を4対1で破る金星を挙げた。

 この試合に先発した谷中 壮樹(3年)はストレートと同じ軌道から縦に割れるカーブを有効に使い、強力打線を相手に6安打1失点。特に5回は二死満塁のピンチを切り抜け、7回は追加点を奪った直後の流れが動きやすいシチュエーションの中、先頭打者に二塁打を許すものの後続を打ち取り、最後まで付け入る隙を与えなかった。やはり番狂わせを起こすのに必須な条件は投手力という事なのだろう。もちろん、08年夏に上尾北埼玉大会の決勝へ導いた経歴を持つ鳥居 俊秀監督の手腕も見逃せず、鍛えられたチームにはそもそも地力があり、打線が好調だった事も勝利に大きく関わっていた。

 決勝戦は、急に脚光を浴びた事でチーム全体が浮き足立ったのか6失策を犯し、2対5で花咲徳栄に敗れて甲子園には届かなかったが、白岡が見せた夏のきらめきは多くの高校野球ファンの心に残っただろう。(試合レポート

2位:第97回神奈川大会決勝 東海大相模vs横浜

小笠原 慎之介(東海大相模)

負けられない、神奈川のライバル校対決!

 激戦区・神奈川をリードしてきた東海大相模横浜。全国にも名を轟かせるこの両雄にとって、今夏はどうしても甲子園に行かなければいけない理由があった。

 東海大相模は昨夏も優勝候補として甲子園に出場したものの、まさかの初戦敗退。その試合の経験者が7人残った今年のチームは雪辱の為にも甲子園という舞台に戻る必要があった。そして、横浜は5度の全国優勝を誇る渡辺 元智監督がこの大会の終了後に勇退する事が決まっており、名将の最後の花道を甲子園で飾りたいという思いでチームが一丸となっていた。

 互いの強い思いがぶつかり合った夏の神奈川大会決勝。試合が動いたのは4回表、東海大相模長倉 蓮(3年)のタイムリーなどで3点を挙げる。この回は、内野への高いバウンドの打球が安打になるなど東海大相模にツキがあり、横浜の外野陣が打球処理を2つミスした事も響いた。しかし、準決勝まで3試合連続で1点差の勝利を収めてきた横浜も反撃。6回裏に二死満塁のチャンスを作るが、東海大相模のエース・小笠原 慎之介(3年関連コラム)に三振で切り抜けられると、7回に4点、8回にも2点を許し万事休す。

 ノーシードから粘りを感じさせる戦いぶりで勝ち上がってきた横浜だったが、大願を成就させる事はできず9対0で敗れ去った。一方、積年のライバルを退けた東海大相模甲子園大会でも優勝。全国制覇を成し遂げ、きっちりと昨年のリベンジを果たしたのだった。

 ちなみに、この両校は秋季神奈川大会でも準々決勝で対戦。平田 徹新監督が率いる横浜が10対1の8回コールドで東海大相模を下している。東海大相模横浜、地方大会で雌雄を決するにはもったいないこの2校の対戦は、今後もしのぎを削り合いながら続いていくことだろう。(試合レポート

このページのトップへ

【次のページ】 1位: 第97回西東京大会決勝 早稲田実業vs東海大菅生

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第266回 村上宗隆を獲得できていれば巨人の未来はどうなった?巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが2017年ドラフトを振り返る【ドラフト特集コラム】
第1010回 戦国千葉2020年の勢力図を紹介!【大会展望・総括コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第1142回 目標は菊池雄星。東海大相模に進学の南琉人(湖東リトルシニア)が思い描く本格派への道【後編】 【2020年インタビュー】
第1142回 関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】 【2020年インタビュー】
第1129回 高校通算40発の福岡屈指のスラッガー・久木田和志(小倉工) 後ろを振り返らず「日本一のスラッガー」へ 【2020年インタビュー】
高知vs東海大相模【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
健大高崎vs東海大相模【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大相模vs習志野【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
習志野vs前橋育英【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大相模vs駿台甲府【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
第1023回 加藤 雅樹(早稲田実業ー早稲田大)目指すは絶対優勝とプロ入り 【2019年インタビュー】
安高 颯希(霞ヶ浦) 【選手名鑑】
綾部 翔(霞ヶ浦) 【選手名鑑】
小笠原 慎之介(東海大相模) 【選手名鑑】
加藤 雅樹(早稲田実業) 【選手名鑑】
清宮 幸太郎(早稲田実業) 【選手名鑑】
鈴木 彩斗(日立一) 【選手名鑑】
長倉 蓮(東海大相模) 【選手名鑑】
原 嵩(専大松戸) 【選手名鑑】
浦和学院 【高校別データ】
霞ヶ浦 【高校別データ】
白岡 【高校別データ】
専大松戸 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】
日立一 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム