第67回 「自分で考える子」 恩師が語る吉田正尚(敦賀気比-青山学院大-オリックスバファローズ)への想い2019年10月28日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]入学早々から抜群の長打力を発揮し4番へ
[2]高校野球生活の後半戦は苦しいものに/極力、吉田の話は選手にしない

「生きた見本」から学び、自ら手本に



敦賀気比・東哲平監督

 1年生から強豪校の4番として、活躍していた吉田は当然のように他校からマークされた。簡単に勝負してもらえなくなり、徐々に自分の打撃を見失ってしまった。2年夏以降はチームも甲子園にできず、高校野球生活の後半戦は苦しいものとなったが、それも本人の成長のためにはプラスになっていたと東監督は話す。

 「良いこともあれば悪いこともある。ただ、その悔しさが彼の努力に繋がった。全てが彼の経験が今になっていると思います。上手く行き過ぎた野球人生だったら努力しないですからね。苦しんだ分、大学でまた努力できたと思います。その時はかなり苦しんだのでしょうけど、彼の野球人生にとってはプラスになったんじゃないかなと思いますけどね」

 高校の時点でプロ志望届を出さず、卒業後は青山学院大に進んだ。ここでも1年春から4番に座り、いきなりベストナインを獲得。2年生からは侍ジャパン大学代表にも選出されるようになり、名実ともに大学球界を代表する打者に成長を遂げた。代表でも4番を打ち、U-18代表との壮行試合では2打席連続本塁打を放ち、その長打力を世間に大きくアピールした。

 そして、2015年のドラフト会議でオリックスが1位指名を受け、プロの世界に足を踏み入れることになった。大学で確固たる実績を残したことで東監督が以前から「プロに行けないのでは」と懸念していたことも杞憂に終わった。これで多くの人を驚かせるほどの活躍をしてくれると、東監督は期待していたという。

 

 「1位で行けるかは心配していましたけど、プロに行けるのは間違いないのはわかっていました。何位で入ろうとみんなビックリするだろうなとは思っていたので、これでやっとアイツの凄さがみんなわかるんじゃないかなと思いました」

極力、吉田の話は選手にしない


 オリックス入団後は1、2年目こそ怪我による離脱があり、出場機会が限られたが、その中でも2年連続で二桁本塁打を記録。並外れた打撃力を1年目から見せつけた。3年目の昨季からは全試合に出場できるようになり、昨季は26本塁打、今季は29本塁打と着実に成績を伸ばしている。東監督は早くから活躍できた理由に入った球団に恵まれていたのではないかと話す。

 「怪我が治って、すぐに使っていただくことは、他の球団ではなかなかできないことです。そこは球団の方針に恵まれていたと思いますし、起用してもらえるなかで吉田は上手くアピールできたのかなと思います」

 

 吉田を即戦力として期待していたオリックスだからこそ、試合に出られる状態であれば、スタメンで使ってもらえていたと東監督は感じているようだ。吉田も首脳陣の期待にしっかり応え、チームの看板打者として欠かせない存在となっている。

 彼のような偉大なOBの存在は敦賀気比の選手たちにも刺激になっていることは間違いないだろう。しかし、東監督は当時の吉田についての話はあまりしないようにしているそうだ。

 

 「極力、自分たちで打破できるようになってほしいです。あまり言いすぎると良くない。自分できっかけを作れるようにならないと、ダメだと思っています。自分で考えて、課題を克服してほしいなというのはありますね」

 プロに進んだ選手が当時はこうしていたと話すことで参考になることは多いが、それを鵜呑みにしすぎてもいけないと東監督は考えている。吉田も指導者から口酸っぱく指導されるのではなく、自分で考えて努力できる人間だったからこそ、今の姿がある。自ら考えて成長する風土が敦賀気比にはあるのだ。

 最後に日の丸を背負う教え子に対して、東監督はこう激励の言葉を述べてくれた。

 「日本を代表するようなバッターになっているのは間違いないです。日の丸を背負うことは軽いことではないので、日本の代表として持っている自分の力をすべて出して頑張ってほしいなと思います」

 プレミア12ではもちろん、来年の東京五輪でも中心打者としての活躍が期待されている。豪快なスイングで世界を驚愕させるような打撃を見せてほしい。

(取材・文=馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1172回 なぜ吉田正尚(オリックス)は強打と高コンタクトを両立できるのか?【後編】 【2020年インタビュー】
第1172回 NPBを代表するスラッガー・吉田正尚(オリックス)が実践する不調時の修正法と一流投手への対応策【前編】 【2020年インタビュー】
第16回 甲子園春夏通算16回出場を誇る敦賀気比の甲子園での戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第1100回 一流スラッガーへの道 オリックス・吉田正尚(敦賀気比出身)の打撃調整法 【2020年インタビュー】
第10回 沖縄で着実に受け継がれる甲子園のDNA【沖縄の高校野球】
第1069回 高校ラストイヤーは「勝てる投手」を目指して3年連続の甲子園へ 笠島尚樹(敦賀気比)【後編】 【2019年インタビュー】
第1067回 ほろ苦い甲子園デビューから1年・・・2年生エースへと成長を遂げた笠島尚樹(敦賀気比)【前編】 【2019年インタビュー】
仙台育英vs敦賀気比【第101回全国高等学校野球選手権大会】
敦賀気比vs國學院久我山【第101回全国高等学校野球選手権大会】
敦賀気比vs富島【第101回全国高等学校野球選手権大会】
日大三vs敦賀気比【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
木更津総合vs敦賀気比【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
吉田 正尚(敦賀気比) 【選手名鑑】
敦賀気比 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム