目次
恩師が語るヒーローの高校時代 源田壮亮

西武ライオンズ・源田選手が語るグラブへのこだわり

 2017年、西武ライオンズにドラフト3位で入団した源田壮亮。その鉄壁の守備は見るものを魅了し、パ・リーグで新人王を獲得した。そんな源田について、恩師・渡辺正雄監督(大分商)に話を聞いた。

源田壮亮の強みは自分を理解していること


「源田の前に、プロに言ったのは巨人に行った岡崎さん(岡崎郁・巨人スカウト部長)なので、それからというと20年も空いていたわけですよ。」

「当然プロの人からも源田を高校からプロへという話もあり、源田の中でもプロ野球選手になれるというものは出てきていました。ただ本人冷静で、まだ自分にはちょっと足りない部分があると、守備に関しても。なので高校からは行かずに一回ちょっと上の、大学を見たいと。」

「普通飛びつくと思うんですけど、そういう所も冷静だった。今が旬なのかどうなのかという状況判断が長けていたんだと思いますね。」

 恩師・渡辺正雄監督は、源田壮亮を状況判断が長けていると評する。それは、自分の置かれた状況だけでなく、試合での状況などにも通じる強みである。