第97回 履正社 (大阪)編「大阪桐蔭に並ぶ強豪校となった履正社のつながり」2019版2019年08月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

左から寺島成輝、山田哲人、安田尚憲 ※一部提供=共同通信社

【目次】
[1]2000年代から急激に躍進を遂げた履正社
[2]近年の卒業生を紹介!

 3度のトリプルスリーを達成した山田 哲人選手(東京ヤクルトスワローズ)の出身校として、注目を集める履正社。その他にも、T-岡田選手(オリックス・バファローズ)など、 NPBで活躍を続ける選手を輩出している。今回は、大阪の強豪履正社のつながりを紹介していく。

2000年代から急激に躍進を遂げた履正社

 1922年、大阪府福島商業学校として学校が創立され、現校名になったのは1983年から。それから14年後の1997年に甲子園初出場を決める。それ以降は、1987年から同校の監督を務める岡田 龍生監督の徹底指導の下で、2006年には選抜初出場を果たし、2011年には選抜ベスト42014年の選抜では、惜しくも優勝とはならなかったが、準優勝に輝き、近年は大阪桐蔭とともに大阪の代表的な高校として名を連ねている。

 岡田監督は次のステージを見据えて、普段の練習から木製バットを使用している。そして論理的な打撃指導から、強打者の輩出が目立っている。OBでは甲子園出場こそ叶わなかったものの、高校通算55本塁打でオリックス・バファローズに入団し、2010年に本塁打王を獲得したT-岡田選手。そして2019年に4度目のトリプルスリー達成を狙い、21日にはプロ野球タイ記録となる32連続盗塁成功の山田選手など、球界を代表する強打者を輩出。

 2016年寺島 成輝(東京ヤクルトスワローズ)や2017年安田 尚憲(千葉ロッテマリーンズ)と2年連続で高卒ドラフト1位指名されるなど投打に育成力に長けた高校であることが伺いしれる。

このペ-ジのトップへ

【次のページ】 近年の卒業生を紹介!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第648回 「女子野球に新しい風を吹かせたい」模索を続ける履正社女子硬式野球部【後編】【野球部訪問】
第646回 日替わりヒロインで快進撃を見せた履正社女子硬式野球部【前編】【野球部訪問】
第648回 「星稜第3期黄金時代」と悲願の日本一の実現へ。星稜の今後の展望【野球部訪問】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第646回 履正社 悲願の初優勝までの軌跡 好投手に苦しめられた苦節の春【前編】【野球部訪問】
第646回 全国制覇達成も慢心なし 履正社 新チーム始動【後編】【野球部訪問】
履正社vs京都翔英【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs綾羽【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2019年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
海星vs履正社【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
飯塚 孝史(履正社) 【選手名鑑】
石井 元(履正社) 【選手名鑑】
乾 駿斗(履正社) 【選手名鑑】
岡田 貴弘(履正社) 【選手名鑑】
沖田 勝俊(履正社) 【選手名鑑】
海部 大斗(履正社) 【選手名鑑】
熊本 颯(履正社) 【選手名鑑】
小保根 誠(履正社) 【選手名鑑】
坂本 誠志郎(履正社) 【選手名鑑】
阪本 大樹(履正社) 【選手名鑑】
平良 寛太(履正社) 【選手名鑑】
辻 心薫(履正社) 【選手名鑑】
中山 翔太(履正社) 【選手名鑑】
八田 夏(履正社) 【選手名鑑】
原田 涼平(履正社) 【選手名鑑】
東野 龍二(履正社) 【選手名鑑】
宮﨑 新(履正社) 【選手名鑑】
宮本 丈(履正社) 【選手名鑑】
山田 哲人(履正社) 【選手名鑑】
吉田 有輝(履正社) 【選手名鑑】
履正社 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム