今年も強打と140キロ投手の存在は健在。智辯和歌山が報徳学園に競り勝ち



適時打を打つ渡部 海(智辯和歌山)

<春季近畿地区高校野球大会:智辯和歌山5-4報徳学園>◇28日◇準決勝◇紀三井寺運動公園

 試合内容的に見応えが多くあったこともあり、両チームごと掘り下げていきたい。

 名門校のレギュラーには当たり前の「基準」というのがある。あるチームのエースは必ず140キロを超える、あるチームの4番の通算本塁打は必ず2ケタを超えるなど。しかし、昨夏甲子園優勝の智辯和歌山の選手たちは全員、レベルが高い。

 野手たちは、高校生離れした筋肉隆々の体型から高速打球を放つイメージがある。今年もそんな選手が多い。

 1回表、いきなり先頭打者本塁打で1点を先制されたが、自慢の強打で逆転した。3回裏、1死一、二塁から2番・中西 陸外野手(3年)があっという間にレフトを超える適時二塁打で同点とすると、3番・渡部 海捕手(3年)が痛烈な左前適時打で勝ち越しに成功した。2人とも恐ろしく速い打球だった。

 その後、内野ゴロで1点を追加し、4回裏にも併殺崩れの間に1点を追加。6回裏には1番・山口 滉起外野手(3年)の高く打ち上げたフライがレフト前へのポテンヒットとなり1点を追加。そこまでの5安打中、ポテンヒット以外の4安打は打球が速かった。インパクトの強さが際立っているからにほかならない。

 岡西 佑弥主将(3年)は普段の打撃練習で意識していることについてこう語る。

「低く強い打球を打つことを心がけています。ヒットの延長線上がホームランの意識で打席に立つことができています」

 適時打を放った渡部も「ライナー性の打球を打つことはチームとして徹底しています。高めに浮いたストレートを標準に置いていたので、それがしっかりと打てて良かったです」と勝ち越しの場面を振り返った。

 もちろん、良いところだけではない。課題も多くあった。次の塁を狙う意識がやや低い印象を受けた。全国上位チームが持つ走塁意識や、技術、スピードに比べるとやや低い感じがあり、好走塁が生きた得点がない。また守備の連係でも細かなミスがあった。主将の岡西は「自分も守備のミスがありましたし、次の塁を狙う意識はまだ低かったと思いますし、バントなど、そこがしっかりとできれば、もっと点を取ることができました。相手の報徳学園さんはチームで点を取る。つなぎで取る意識はあったと思います」と決勝戦へ向けての課題を挙げていた。

 エース・塩路 柊希投手(3年)は右スリークォーター気味から常時140キロ〜143キロの直球を投げる。智辯和歌山のエースは140キロ以上の速球を投げるという毎年の流れを受け継いでいるといえる。スライダーの切れ味も鋭く、高めに伸びる直球もある。さすが名門校のエースと思わせたが、8回を投げて、124球、8奪三振、4失点と終盤に苦しい内容となってしまった。中谷監督は「これほど大勢のお客さんが入った中で投げる経験はなかなかありません。そこで完投ができれば、夏につながるかなと思っていたのですが…」と完投勝利を期待していたが、さらに安定感のある投球を求めていた。

 9回表、武元 一輝投手(3年)が登板。ドラフト候補と呼ばれる武元は常時140キロ前半〜145キロの直球で相手打者を圧倒。報徳学園打線を抑え、勝利を収めた。これで4年ぶりの決勝進出。前回同様、大阪桐蔭との顔合わせとなった。